♪♪ NATの独り言 (心・ジャズ)

生きていく上で信じてること。大好きなジャズのこと等

★東京知事選 - 新しい日本の政治の幕あけにならんかね?

★都知事選挙 --- ちょっと一言、追記。
◆日本の保守的二大政党は、自民党と立憲民主だ。
・・・えっ? 立憲民主も保守? と思う人もいるだろうが、私の分類では勿論、立憲民主も完全な保守だ。
・・・両方とも日本の既存の社会の体系を根本から改革する気はサラサラない。しかし、自民党が、地方の中小商・工・農・水・医の業者の既得利権の保護の政党であるのに対し、立憲民主は同様に既存秩序そのものを維持しつつ、まだ「再分配」のやりようがある、再分配で自民政治の欠陥の是正が出来るとの幻想を抱いている政治家集団である。 ・・・そして、立憲は自民と違って、政権運営能力がゼロであるだけに、その分、悪質な政党、と言うのが私の評価だ。
◆自民は今回の安倍派以下の政治とカネの問題で、大きくオウンゴール、勢力の大きな後退の機運。
・・・一方、という自民の敵失で、この際、立憲が勢いを増してくるのは日本のためにならんと懸念していた私だ。そして、我らが市民が遂に立憲に引導を渡すためには、もう一回、政権を運営させてみて、2013年に国民が当時の民主に大失望して自民安倍政権の復権を選んだように、もう一回「立憲ではダメ」の最終的・究極のダメだしをする、そんなプロセスを必要悪として経るのだろうか???とも思っていた。
◆しかし、立憲がもう一回政権を担うとの、日本へのダメージの大きいステップを経ずに、衰退していくのが遥かにベターだ。
・・・ちょっと未だ大げさだが、もしかして、今回の東京都知事選にあの蓮舫を出してしまい、しかも共産党と大きく組んで、実質選挙運動を始めてしまった今回の立憲の動き、もしかして、もしかして、これが結果的に立憲の戦略大ミス、立憲の衰退の始まりの象徴的なものになったりしないか???と、かなり楽観的期待もしてしまう私である。
◆自民と立憲の二大保守政党の衰退の後に出て来る、日本を真に改革・進化させる政党はどこか?
・・・もう何度も書いてきている通り、維新は、政策的には実は何もない。人気ありそうな政策の寄せ集めホッチキス留めの資料はあるが、全体整合性と強い思想・信念に基づく政策は、実はゼロ。ただただ、人気の出そうなイケメンとか美形の政治家を当選させているだけのエセ政党である。
・・・まだ、日本に本物の改革政党はないが、敢えて言うと、やや、その雰囲気を持っているのは、国民民主である。
・・・前にも以下の拙文で書いたが、政策的に私の意見と同一方向のものが結構ある。拙文
・・・自民、立憲が衰退した後に、国民民主自身の進化形を含めて、日本の既得権しがらみの産業・経済構造も安保体制も進化させる、新しい政党が浮上して欲しいものだ。
・・・今回の「小池 vs 蓮舫」の戦いが、その新しい日本への除幕式になってほしい、と思う私である。

   Nat

★東京都知事選の「小池 vs 蓮舫」

★東京都知事選の「小池 vs 蓮舫」448100770_7733595550052948_1873743559906501869_n (1)
・・・皆が寄ってたかってコメントしたいテーマのようなので、もう私は一言だけ、サメたことを書いておこう。
◆ 事前の今、報道機関各社は、下馬評(事前世論予想)として、どう予想しているのか?
・・・ざっと見た範囲だが;
・蓮舫名乗り出の当初は「飽きられた小池都政への新鮮な代案」とかいった見方の報道(野党系報道だが)もあった。
・しかし、最新では、「やっぱり小池だろ」意見の方が多そうだ。
◆ もし「やっぱり小池」が優勢だとすると、恐らく、以下の理由だろう:
(1) 「行政トップとしてはNG筆頭の蓮舫」:FLASHの調査ではあるが、「上司にしたくない女性政治家」のトップが蓮舫。国会議員の一人としては、蓮舫みたいな人がいてもいいが、東京都行政組織のトップとしては最低!という声が多そうだ。(私も「最低」だと思うが。)
(2) 蓮舫と立憲民主・共産党が組んで知事選を戦おうとしているのは、ひとえに「国政における自民党追い詰め」戦術であって、東京都の行政改善を真に願ってのことでは全くない、と既に、都民にバレバレであること。
(3) 小池氏の得意の、現職ならではの「あと出しジャンケン」戦術が見事に奏功: 蓮舫の東京都についての政策内容ゼロとか、共産党支持への連合・維新・国民民主の反発などが出てきて、早くも蓮舫の勢いが剥げてきたこの時に、余裕の現職として立候補・・・言い過ぎかもしれないが、もうこれで勝負あったかも知れん。(選挙は水ものだから、まだ分からんが。)
◆ 自民の国政に強い不満と批判を持つ私、しかし、立憲民主はサイテーな野党と思っている私、その私からすると、今回の知事選は以下のようになって欲しい:
(1) 結局小池氏が勝つにしろ、「政治のカネ問題の自民への信任が戻りつつある」という風に言いたい自民の思惑は満たされない勝ち方してほしい。
(2) 蓮舫が善戦しても、決して立憲民主への国政における信任ではないだろうゆえ、そういうことにならないようになってほしい。
・・・その為にも、どうなるかが重要なのは、今、蓮舫の実質「共産党支持での立候補」に猛反対していて、蓮舫を支持することにはなってない連合・維新・国民民主の動きだ。恐らく、最低、自主投票、あるいはもしかして結局、維新・国民民主が何と実質的に小池支持に近い立場を採るとか・・・、この辺の構図が国政への影響上は重要だ。
・・・しかし、可哀そうなのは、東京都民だね。殆ど誰も、東京都のために、今、暗躍していないのだから。・・・と書く、私は神奈川県民・横浜市民でした。 Nat

★日銀の国債買い減らし - また日経の報道にモノ申す

★日銀が国債買い入れ額を減らす。
・・・一義的には、日銀が、安倍・黒田超金融緩和策での積極的国債買い入れを続けていると、金利の上方調整が何時まで経っても出来ないからである。
・・・しかし、私がコメントしたいのは、いつもながらの日経新聞のその報道ぶりである。
・・・コピー添付するが、日経は、日銀の金利上方誘導策としての国債買い入れ減額に加えて、国債発行残高において日銀保有割合が過半に達しているということを、何ら議論も検証もなく「悪」と決めつけ、減額を「悪からの脱出の正常化」のステップとして報道しているのだ。
・・・ご丁寧に、日経は、欧米の中央銀行の同様比率が2~3割であると書き、あたかも、常に欧米が手本で、日本はダメ国家と言いいたそうである。
◆ 経済専門のはずの日経が、何ら、この点につき、鋭いインサイトを提供しないので、別に専門家ではない私が替わりに、問題提起する:
『日本で中央銀行が、政府国債の過半を保有していることは、日本という国が、ダメな欧米と違い、その点では世界でも卓越したポジションにいるからだとの視点は、日経にはまるでないのか??』
(1) 中央銀行が国際決済通貨を発行出来て、それで、政府の国債買いもしたい場合には出来る、そういう国は、まずドルの米国、そして円の日本だけだ。・・・中国はまだ人民元が中途半端。欧州はEU・ユーロにしてしまったので、欧州中央銀行(ECB)と各国の財政とのズレ問題がある。・・・つまり、米国と日本だけが、この特権的ポジションにあるのだ。
(2) 但し、日本は実は、まだその特権的ポジションは大きく「温存」しているのだ。・・・そこまでしなくても、自然体で国債が回っているからだ。
・・・つまり、日銀の国債保有500兆円のファイナンス(日銀の資金源)の大半は、まだまだ市中銀行の当座預金(500兆円)であり、発行済み日銀券は100兆円でしかない。日銀券100兆円も日銀が無理に国債を買うために発行したものではなく、普通の流通紙幣として発行したものの残高に過ぎないのだ。 ・・・ つまり、言い換えると、日本の国民・企業の持つ膨大な余剰金融資産が行き場がなくて、市中銀行経由、日銀の国債保有に回っているのだ。・・・そんな贅沢なことが出来ている国は、貯蓄性向の高い日本と中国だけだ。
⇒ つまり、国民の金融資産の資金から日銀は国債を保有し、更に(1)の通り、やりたい場合は、日銀券を印刷して更に国債保有することも可能なのだ。米国は国民が借金体質だから、そうはいかないが、日本は、国民が資金持ち、その上に、円を自由に印刷も出来る・・・世界から見ると、何とうらやましい国か?!
(3) 更に、今は、日銀保有国債1000兆円にたいする日銀券は100兆円にすぎないと上記で書いている通りだが、これが増えそうになっても、幸か不幸か、日本経済・日本産業は値上げの難しい過当競争型の産業構造で、大昔の経済教科書的な懸念「日銀の財政ファイナンスはハイパーインフレを招来する」が、世界でも、一番そうならない国、という稀有なポジションにいるのでもある。
・・・上記から、日本だけが中央銀行が国債の過半を持っているということは、その点に関しては日本が大変恵まれたポジションにいるからであって、更に、それを増やしても問題がない、世界でも最もうらやましがられるポジションにいる、ということを意味しているのだが、その観点は日経には全くないのだ。思考停止したままの日経である。   Nat

nikkei.com
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

NAT

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ