♪♪ NATの独り言 (心・ジャズ)

生きていく上で信じてること。大好きなジャズのこと等

★日本における「ジョブ限定雇用」の今後

★日本の皆さんと話していて、感じることは、日本の伝統的雇用が「ジョブ非限定契約」であることを明確に認識してない人が、非常に多いことだ。
・・・「終身雇用・年功序列」は、皆、分かっている。しかし、終身雇用・年功序列だと、おのずと、雇用が「ジョブ非限定契約」になることを意識してない人が余りにも多い。
・・・というのは、欧米の雇用が、基本は、「ジョブ限定契約」であることを知らないからだろう。
・・・日本の雇用契約は、よく「メンバーシップ契約」ともいわれる通り、営業とか総務とか工場とかの職種を限定せず、その会社ムラの一員になって、一生の間に、営業とか総務とか工場とか色々回ってもらうかもしれない、、、という「ジョブ非限定」契約である。・・・そんな訳の分からない、白紙委任みたいな雇用契約は欧米ではあり得ない。
・・・そして、異様なジョブ非限定採用の最たるものが、毎春の大卒新卒の一斉大量採用なのだ。
・・・前に以下の拙文で書いた通り、それが、若い人では、その会社ムラに一生参加する気分の人は少なくなっており「取り敢えず、貴社の営業で営業スキルを磨きたい」とかいった、ジョブ限定の就職の人が多くなっている。しかし、企業側が、発想の展開が未だ出来ない一方、若者サイドでも、そう急に皆が欧米的なジョブ限定型に急変しているわけでもない。・・・変化はまだ少しずつなのだ。だから、企業がなかなか「トレンド先取り対応」が出来なく、従来パタンの踏襲になってしまっているのだ。拙文

◆ しかし、しかし、日本企業でも、実は中途採用では、元から、ジョブ限定雇用契約が多いのだ。
・・・大卒の新卒の9月二次採用なんてのは、新卒の変形だから、除外して、いわゆる中途採用に限ると、ジョブ限定採用が多いのだ。実質的にジョブ限定になっているものを含めてだが。(尤も、従来のジョブ非限定とジョブ限定との、両方の「悪いとこどり」みたいなことやっている企業も多いから悲しいが・・)
・・・つまり、日本の企業ムラも、実は既にジョブ限定採用をやっている。しかし、新卒一斉のジョブ非限定の世界と、中途のジョブ限定の二つのものを平気で並存させているのだ。
・・・同じ、給与・資格体系では、この二つの違うものをフェアに扱えないはずなのだが、日本企業は、今はその点、誤魔化し誤魔化し対応している。
◆ 繰り返し言うが、日本でもジョブ型雇用が、どこまで早く中心の概念となり、その結果、新卒一斉採用という世界でも異様な採用形態が、どれくらいの速さで転換されていくのか??である。
・・・しかし、ジョブ限定、ジョブ非限定という、本質的な概念で、この問題を論じる報道は少ない。まだ皆、あまり分かってない気がする。   Nat

★「士農工商 ウソ」問題

★「士農工商 ウソ」問題


・・・2022年度の日本の教科書から「江戸時代の士農工商との身分差別」記述が消えたのは事実である。
・・・しかし、それを曲解して、「実は江戸時代から日本には身分差別がなかった!」と歴史を美化する意見がネットでも多いのには遺憾に思う。

ダウンロード
【1】「士農工商」という言葉は古代中国からあり、「四民」とも言われ、「老若男女」同様、「色々な職業・立場の様々な人民みんな」という意味である。

【2】一方、我々の習った教科書では、「江戸時代には、士農工商の身分制度があったが、明治政府が四民平等の改革をして、近代日本になった」と教えられてきた。
・・・明治政府が徳川時代・江戸時代の身分制度を改革したのは事実だが、その際に「士農工商を排し四民平等」という言い方をしたので、徳川の頃の身分制度=「士・農・工・商の四層身分構造」という印象となって、教科書でもそう書かれてきた。

【3】最近の研究の結果:
・徳川時代・江戸時代の身分差別制度は、①「士」(武士)、②平民(大半が農で、あと工や商)、③被差別賤民、の3層構造であったことが分かってきている。
・よって「士農工商」という古代中国の表現をそのまま江戸時代に当てはめて「士農工商」というと、4層(その下の 被差別賤民を入れて5層)であったかの誤解あるので、教科書から「士農工商」という誤解を生む表現を削除したのである。

【4】しかし、それを機に「江戸時代の日本に、そもそも身分差別がなかった」(日本は世界でも素晴らしい!!)とそれを意図的に曲解する、日本の歴史美化勢力が現れて、ネットでそういうことを吹聴するから、一般市民の間にも、そういう誤解が広がっている。
 ※一部では、下の絵のように、「士農工商の4層差別」ではなく、「平民:農工商の間には差別はなかった」などと解説するものもあるが、武士と平民、平民と被差別賤民の間の差別は厳然とあったのである。 
              447286185_7711735008905669_4847283415521268011_n
・・・以上が現状であろう。

・・・日本は、江戸時代には3層差別構造だった、それを明治維新で改革した、というのが適切な歴史認識であろう。  Nat

★世界の難民・亡命 - なぜ増えているのか?

★今朝の日経新聞に、世界の難民・亡命者数が増えている話が載っている。(コピー添付。)
・・・オレンジ色の棒グラフは、難民・亡命中の人の「ストック」の人数。今や2400万人。・・・このストックの毎年の増加・差額が、新たに難民になった人、つまり毎年の「フロー」(国籍を得たような人の人数は引いた純増のようだが)になるが、これが、10年前は年100万人だったのが、今や300万人、という話。
・・・しかし、記事ではその背景を、経済的格差・貧困、そして圧政とは書いているが、そうなると、当然、なぜ人類の世界で今、経済的格差・貧困そして圧政が広まるのか?という根本にも意識が行くだろう。
◆2023年で、どういう国からの難民・亡命かという表も日経にあるので、見てみると、圧倒的にベネズエラ。118万人。しかも、二つ目の私が貼り付けた表を見て欲しいが、ベネズエラからの難民・亡命は、少し前のUNHCRのデータで見ても、増加の一途のようだ。・・・世界で増えている難民・亡命の半分くらいは、ベネズエラからともいえよう。
・・・いうまでもなく、ベネズエラは、2013年からの反米左派のマドゥロ政権が、いよいよ強権政治を強めていることが背景である。images (7)
◆しかし、世界で難民・亡命が増えているのを、ベネズエラの特殊事情のせいにばかりしてしまうのは適切でないであろう。
【1】世界で増えている強権政治:
・・・関連の統計は今はないが、世界で強権国家が増えているのは間違いないのではないか。
・・・ただ、もとよりアフリカなどで強権政治は多くあったが、最近は、それが、より広がっているのではないか、ということだ。
・・・昔は、世界が米ソの二極体制で、多くの国が強大な米かソ連のどちらかの支配圏に属して、多少ともコントロールされていたのが、その体制が崩れ、いわば。パンドラの箱が開けられた。そして、米国の一極の強さも相対化し薄まり、世界は中国、ロシア、インド、そして欧州、更にグローバルサウス、と多極化。そういう中で、強権政権が突出したりしやすいのであろう。
【2】もう一つはネットの情報ではないか?:
・難民・亡命でどこかに逃げるためには情報が要る。また、難民には、それを組織して送り出して儲けるグループがつきものだが、そうくグループのそそのかし情報が流布しないといけない。
・それに大きく貢献しているのが、スマホでのSNS情報ではないか? ザックリ、途上国でも、スマホの保有率は、例えば3分の1くらいという。情報が拡散するには充分な保有率だろう。
・・・斯かる情報の拡散が、結構、難民・亡命者急増の背景であるのでは、という気がする。・・・そして、その背景からして、これは、まだまだ増加する、人類としての最大の難題の一つになってきているとも思う。
◆ ということで、世界で急増する難民問題。米国の大統領選挙を初めとして、世界の先進国で共通の悩ましい政治課題だ。
・・そういう先進国の中で、唯一、悩ましい政治課題になっていない国が一つある。・・・日本だ。受け入れ難民は2023年で303人ぼっきりで、実質、難民に対し鎖国している。政治家も政府も国民もそれがいいと思っているのだろう。全く政治課題になっていない。
・・・それでも、どこかで、世界で大問題にされるまで日本は動かないのだろう。  Nat


難民難民データ_page-0001
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

NAT

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ